Freely's

人生自由にのびのびと

 

ダットサン520 素人板金

フェンダー裏です。
見事に錆びております。原型があるだけましでしょうか!?
DSC_0905 (2)

DSC_0906 (2)



今回は板金を見様見真似でやってみます。
ずっと前に切断した部分。




関連記事

 

ダットサン520 フェンダー

寒いですね。
私は毎年恒例の風邪をGETし3週間経ちました。。。
まだまだ続きそうです(涙)




今日はダットサンの進行状況。

こちらは外したフェンダー。
左下はサビ穴がヒドイため、購入後すぐに切断しました。
その他は都度処理しながら現在に至ります。

今は外してしまったので念入りに処置します。(自分なりの処置ですが)


ウインカー周りは結構ヒドイ状態でした・・・。
DSC_0900_Ex.jpg


とりあえず全体の錆取りを施工。
先が長そう・・・
DSC_0904_Ex.jpg
関連記事

 

時節柄アイテムを作ってみました

最近めっきり寒くなりました。
夏の暑さは結構平気なんですが、冬の寒さは大の苦手・・・。
日々、震えながら仕事しています(涙)

ガレージにはアラジンストーブがあるのですが、
正直暖かくないので今話題のロケットストーブを作ってみます。


まずは材料。
ペール缶(2ヶ)とホムセンにある煙突資材。
エルボ・チーズ・直管を各1ヶです。
断熱・保温に園芸用のパーライトを使用します。
DSC_0953_20111211211524.jpg



続いて簡単に製作説明を。
まずはペール缶(1ヶ)の底に適当にマーキング。
DSC_0955.jpg

で、切断します。
自分はサンダーを使いました。
DSC_0956_20111211211523.jpg


もう一つのペール缶側面に穴を開けてエルボ・チーズ・直管をセット。
DSC_0958.jpg


ペール缶をボルトで繋いで、中にパーライトを入れて完成です!
DSC_0960.jpg


チーズの上部から薪を入れて着火。
炎は直管方向へ引っ張られて、薪から煙は出ません。
完全燃焼すれば、直管出口からも無煙。
DSC_0965.jpg

のはずなのですが、やはり狭いガレージではちょっと・・・
(もしや作り方が違う??)
もう少し勉強してみます。


結果
チーズ管が溶けそうなくらい熱くなるようです(笑)
DSC_0971.jpg
関連記事

 

ダットサン520 隠れる部分も丁寧に

久々に(?)ダットサンの続き~
防錆剤の乾燥を確認し、塗装の工程です。

が、その前に怪しい部分をコーキング!!
これが合っているのかどうなのか不明ですが・・。
DSC_0877.jpg

DSC_0878.jpg
まぁ、何もしないよりはいいかなと納得させ、作業進行~



部分的にサビ止めスプレーして、仕上げはゴッテリとハケ塗りで仕上げました。
仕上げに使ったのはこちらの塗料。
DSC_0892-1.jpg
自分はテカテカブラックが嫌いなので、つや消しブラックを使用。
どこのホムセン行っても探すのですが、気に入ったつや消しが案外無くて困っております・・。
(屋内用ならあるんですけどねぇ)





塗った後がこちら。綺麗に見えますね
DSC_0907-1.jpg

DSC_0908-1.jpg




関連記事

 

« »

12 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
COUNTER
ユーザータグリスト
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01